年末年始のパーティーの余興に生演奏がおすすめ

結婚式、パーティー、イベントに生演奏のコーディネートの出張サービスを行っている音楽の広場。 この冬も色々なパーティーの余興でのコーディネートのご依頼頂きありがとうございます。心を込めて音楽のパフォーマンスをアーティスト共々お届けしたいと思います。よろしくお願いします。 まだ年末の忘年パーティー、結婚式披露宴での演奏、年始の新年パーティー余興での生演奏のリクエストお請けできます。 ゴスペル、アカペラ […]

まだまにあう年末年始のパーティーの余興に生演奏

  • 2019.11.05

2019年も11月になりました。12月、1月は企業や仲間内のパーティーの多い季節。余興でおすすめなのが、「生演奏」です。 特におすすめが、ゴスペル、ジャズ、弦楽器の演奏。ゴスペルは、年末やクリスマス、年始のお祝いにピッタリのジャンルの音楽です。ソロ~クワイアなどの大人数の出演も可能です。ジャズは、編成に自由度が高いので、ドラムがダメという会場でも演奏ができます。サックスにピアノ、ボーカルにギターな […]

年末のパーティーに生演奏を。音楽の広場

  • 2019.10.24

10月も終わりになってきました。年末には会社やサークル、色々な活動のパーティーが開催されると思いますが、余興やアトラクションの準備はいかがでしょうか? 音楽の広場は、パーティに生演奏をコーディネートしています。コーディネートとは、生演奏やパフォーマンスの提案、演者の手配等を、パーティーの主旨、中身、来られる方の年齢層、会場の雰囲気、ご予算に合わせて企画しています。 生演奏では、ゴスペル、アカペラ、 […]

結婚式の生演奏にゴスペルを。音楽の広場

まだ間に合います!クリスマス、年末の結婚式、パーティー、イベントに生演奏の演出。ゴスペル、ジャズ、弦楽など。結婚式やパーティーを華やかに盛り上げる生演奏の演出。音楽の広場は、生演奏をコーディネートします。 結婚式の生演奏におすすめなのが、ゴスペル。ゴスペルは愛が溢れる音楽なので、結婚して幸せになるお二人を包むにはピッタリの音楽です。 特にグループやクワイアで、包まれるゴスペルサウンドは、会場全体の […]

結婚式の生演奏にゴスペル

  • 2019.09.30

音楽の広場は生演奏をコーディネートしています。「結婚式やパーティー、イベントに生演奏を入れたいがどんなスタイルやジャンルの生演奏を選んだらよいかわからない」そのようなお客様の声にお応えしようと始まりました。 結婚式でしたら、お二人の様子、お二人が求める結婚式のイメージ、披露宴の雰囲気、来られる方の様子、演奏したいシーン、会場の雰囲気などを色々とお聞きした上で、おススメできる生演奏を提案する、それが […]

12月や1月のパーティーの余興に生演奏をコーディネート。

12月のクリスマスパーティー、忘年会など 企業パーティー、団体のパーティーなど企画されてると思います。 また1月には新年会、新年パーティーを企画されてるところも あると思います。 余興(アトラクション)を悩んでいる方、 生演奏はいかがでしょうか? 生演奏にはゴスペルやアカペラ、ジャズ、シャンソンなどの 歌の生演奏。 ジャズ、弦楽、バンド、民族楽器、和楽器等の 楽器の生演奏 色々なスタイルのコーディ […]

NO SIDE 第19話~第29話

  • 2019.09.15

第19話~ミウ7~ 1999年 5月 私たちは、この3月に 無事大学を卒業した。 トキヤは演奏活動を 続けていくために就職はせず、 アルバイトをしながら、 頑張っている。 定職につかないことについては、 彼のお父さんと、 かなりもめたらしい。 とりあえず演奏を続けていく事は、 了解してもらえたみたいだが、 3年間という期限付きだそうだ。 3年たっても、演奏家としての 目処がたたなかったら、 きちん […]

パーティーの生演奏 忘年会、クリスマスパーティーに。

パーティーの生演奏は音楽の広場にご依頼ください。生演奏を手配するだけでなく、コーディネートというスタイルで、生演奏を提案します。 パーティーの生演奏のコーディネートとは、パーティーの主旨、会場の雰囲気、ゲストの方の様子、ご予算等をお聞きして、ベストと思われる生演奏を手配させて頂くことです。 例えば、年末の会社のパーティーがあって、盛り上がる演出をしたいというリクエストがあったとします。最初は余興と […]

NO SIDE 第13話~第18話

  • 2019.09.12

第13話~ミウ1~ 1995年 4月 良い天気だった。 ちょっと蒸し暑さはあるけれど、 この季節の晴れの日は、本当に気持ちが良い。 予定より遅れ気味だったので、 私は少し急ぎながら、大学への道を歩く。 (後ろから5番目の窓際) 昨日セナから聞いた場所を思い出していた。 (まだ、誰も座ってなければ良いけど…) それにしてもせっかく 一緒に同じ大学に通えると思ったのに、 しばらくは無理だと思うと残念だ […]

NO SIDE 第6話~第12話

  • 2019.09.11

第6話~なぜ?~ 「お待たせしました」 コーヒーを運んできたのはミウだった。 「こんにちは。たしか同じ大学だよね?」 猪俣がミウに話かけた。 「そう…?同じ大学なの?」 (…すぐに気づけよ)と思いながら 僕はミウにたずねた。 「…僕にさ、見覚えない?」 「…あっ!」 「思い出してくれたか…。 初対面でいきなり席を奪われた男のこと」 「そうだったわね。あの時はありがとうね」 何故かミウは(ごめんなさ […]

1 5